2017年7月31日月曜日

セントポーリア:最近の流行??

毎日暑い日が続いていますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?

夏は、花が咲かない・植え替えもできない…
セントポーリアの手入れもできないから、時折水をやるだけ…😌

という方も多いでしょうね。

私の栽培環境は、とても小さな部屋なので、冷房もそこそこ効きます。😊

だから植替えが出来ないということもありません。

ただ…ただ…ですね。
冬に比べると、伸びないです。

何が??って、全てが…根も葉も、、、、伸びない・・・

ヤッパリ暑いんです。

セントポーリアの生育適温は、18~25度
それを大幅に超えている、日本の夏(寒冷地を除く)は、セントポーリアにとっては過酷です。

私たちは、暑いからと言って冷房を付け、氷菓を食べたり、海水浴🏊🏄をしたり…
山に行ったり…🍺
若い方々は、結構、夏を楽しめますが、セントポーリアは動けない。
暑いからと言って、冷たい水をかける訳にもいかない…
(実際、氷水をかけてダメにした話も聞いたことがあります)😆

でも、頭の上からのぬるま湯、セントポーリアは好きです。
日陰のベランダなどで、たま~~に、水浴びもいいかもしれません。

私は、キッチンで水浴びを・・・にさせています。

さて…
開花二株…似たような花です。

Ma's Happily Ever After(新花ではありません)
2016年3月に再輸入した株で、7月の引っ越し後に、
一度咲いたものを再び咲かせた株です。
マーズ ハピリ エバー アフター
 性質はやや弱く、一度おへそを曲げるとなかなか咲いてくれませんでした。
縞はきれいに出ていますね!!
ただ、キメラと繊細さがお好きな方には良いかもしれません。

ヤフオクに出しました。

葉っパの縁に切れ込みがあり、Ma's Glass Slipperの姉妹だか兄妹だかシブリングでしょうね。

LE-Nastya

LE-ナスチャ??
6月に、うちに来たばかりの新人さん、、、

早くも咲きました。

ヤチヨにも似ていますが、キメラではありません。
花弁の縁にややフリルがあり、葉っぱは斑入りです。

将来的に、もしかするとキメラになるかも???😊

ただ、寒いところから来たので、秋になると消えているかも…😰

かなり花付きが良い種のようです。

最近の流行は、多色

白・ピンク・ブルー・(あるものではグリーン)、そしてフリルのエッジや斑入り
セントポーリアのすべての可能性を持つ花が増えているように感じます。

セントポーリア愛好家は欲張り…(はい、私もそうです)😓

2017年7月21日金曜日

Zaca's Georgette

花が咲いてないようで…

汗びっしょりのフラコンケースの中、
Zaca's Georgette
が咲いていました。


「ジョーゼット」として、普及っしているようですが
正確には「ザカズ ジョーゼット」

ジョーゼットのスポーツです。

ジョーゼットは、アイリーン フレデットさんの作出の、濃いピンク一色の花。

このザカズ ジョーゼットの反転が、かの有名な「パリジェンヌ」↓
だから、パリジェンヌのストーク挿しからザカズジョーゼットが出ることがあります。

ただ、なかなか安定しません。

どなたかが名付けた「マドモアゼル」とやらになってしまう…

もしかしたら、セントポーリアの魅力は、この不安定さにもあるかあもしれませんね。
季節・環境によってフリルの出方も異なります。

今から、35年ほど前に「ジョーゼット」(濃いピンク)を買いましたが、
咲かせる技術不足で、ダメにしていた私です。

今、お上手の方々のアドバイスを素直に受け入れ、やっとうまく育てられるようになりました。

パリジェンヌはかなり安定しているようですが、ザカズ ジョーゼットは、ストーク挿しでも同じ花を得ることはかなり難しく、まして脇芽では確率はかなり下がります。

入手は、開花株を購入する以外、手はありません。

真夏の用土づくり

暑いですね。

梅雨が明けたのだから仕方がないけど、ヤッパリ暑い。

ブログの題名を変えたいくらい花が咲いていません。

その多くが、暑さによる根痛みで「芯どまり」
まぁ、これは暑さのせいだけではないのですが…

でも植え替えしないと、回復しません。

植え替えて、新しい根が伸びて初めて、回復してくれると思います。

「!!えぇっ!!真夏に植え替え??」
と思われる方もおいででしょうね。

私は一年中植替えをしています。

一年中植替えないと、私のセントポーリア コレクションの維持は難しい。

今日の用土づくりは、午前中、まだ日が入ってこないベランダ(バルコニーというほど優雅ではない)で…

腰を屈めると手すりに閊えて・・・・何とも作業しにくい。腰が痛い!!
でも、ここが与えられた環境。

まぁ~仕方がないなぁ~~~~

何を使ったかというと、主体は

  • ピートモス(酸度調整済み)
  • パーライト
  • バーミキュライト
  • 腐葉土
  • 活性炭
  • 有機石灰
割合は、かなりいい加減😊


長い間の経験から、混ぜたフィーリング!!

今回の用土、
ちゃんと有機石灰を入れました。

後はpHを計って、調整すれば終わりです。😓


2017年7月2日日曜日

クチナシ 再々

やっぱり、同じ木です。

香りが薄い…

一重の株には一重の花。

2017年7月1日土曜日

クチナシ(再)訂正

kosukeさん、ありがとうございます。



知らないということは恐ろしいもので、クチナシは雌雄同花だそうです。

今、雨が降っているので、また雨が止んだらゆっくり観察してみます。