2017年10月8日日曜日

LE-Esmeralda

いや~~~!!美しいですねぇ~~~!!
LE-Esmeralda
実はこの花、家で咲いたのではないのです。

2015年に輸入した株を差し上げた方が、見事に咲かせて持ってきて下さった株、
言わばお里帰りの株😅なのです。

確かに、冬に咲いた時にはこれと同じく、太いピンクのエッジにグリーンのフリル。

咲いた時に、次の花が咲いたら写真に撮ろうと思っていたのですが、
苗があるからいいや、と思って差し上げてしまいました。

ただ、、、その苗が全然大きくならなくて、でも今は少し斑入りで。
(大きくなると斑は消えるようですが……)

ところが里帰りしたこの花は、今のこの時期に、こんなに美しい花が咲いて!!

冬じゃないのに、、いい花が咲いている…???
私にとっては???なのです。

この美しい花、うちでは冬だけ…と思っていたのは思い違い。
これを咲かせてくださった方は、プロ!

はい。分かりました。腕の違い……と思いたいけどそうではありません。
環境の差。一日の温度差ではないかと…。

我が家では夏の温度差は、多くても3度(25~28℃)、
戸外栽培のこの株は、恐らく23~35℃ではないかな???

一日の昼夜の温度差が美しい花を咲かせるのではないでしょうか?

2017年10月4日水曜日

かつてなかった夏花ばかり…

3月下旬に植え込んだ苗
棚の最上段で夏を超したので、全然大きくならない😖
やっと涼しくなりました。
セントポーリアも、何とか過ごせる気温です。

今の室温ですか?
午後5時 室内気温 26.4℃
戸外の気温は、結構低くてヤフーの美浜区の温度が、18.5℃!
まだ室内が冷える温度ではありません。

風邪😷を引いて、約2週間以上ぐうたら生活を過ごしていました。😌

いい加減にそろそろ仕事をしなければ…
何もしなかったわけではないのですが
疲れてしまって続かないのです。

何でかなぁ~~~??
夏には強いはずだったのに…歳かなぁ~~~??

Ko's Green Dragonfly
(形がおかしい)

LE-Lait
(花が開かない・グリーンエッジが出ない)

Suncoast Peppermint Cathy(外縞)
(縞が消えそう…色がどぎつい)


辛うじて上がってくる花々はひどい「夏花」😥
・変形した花
・花色にカスレが出る
・花の形が小さい
・満足に開かない…
・根が伸びない
・育たない
😔
等々、咲いてくる花はこのところ見たこともないような典型的な夏花ばかり…

長いこと、セントポーリアを栽培していますが、これほどひどい夏花は経験ありません。

不思議で、考えてみました…💡💭

今迄、東京にいた時も、千葉の別の団地にいた時もリビングに花がありました。
エアコンもリビングにあり、私は隣の部屋で寝ていました。

なるほど…今までのエアコンの設定は26℃、しかも大きなエアコンでした。
今年は28℃。そしてエアコンも小さくなってしまって。

それでもこの小さな部屋を26度にすると寒くて、とても我慢できません。

ははぁ~~~!
この気温差だ!

エアコンのある部屋で生活し、隣のセントポーリア部屋の気温もDKのセントポーリアも、考える以上に、暑かったのでしょう。

セントポーリアのある部屋で生活せず、せ・め・て・・・
夜間の気温だけでも下がるように出来たら、ここまでひどい夏花は咲かないはず…

ふぅ~~無理だ😩…ここでは無理だ。😖
ま、いいや。仕方がない。😐👵


さて。。これからが本番だけど。
今から分化した花が咲いてくるのは12月下旬。
12月下旬にならなければ、本来の花は咲いて来ないはず…。

その季節になると、寒くて開花株を売ることもできないし・・・😣

ま、ここにいる間はどうすることもできないです。😥😩

2017年9月26日火曜日

根腐れ続出

根腐れで根をカットした株
風邪が治って、根腐れで…😩

少し見なかったら、こんな株が後から後から…泣きたい~~!!
セントポーリア栽培歴50年なんて言えなくなった。

2017年9月22日金曜日

また引っ越したくなった😌

ミス ミヤジマ ファンタジー

パリジェンヌ(夏花)

久しぶりに本格的な風邪を引きました。😷
折あしく掛かりつけ医院が今週いっぱい連休というのに、月曜日の朝から扁桃腺が腫れ、ひどくせき込み、ものを飲み込むことが辛いほどでした。😞

去年も夏風邪を引いたっけなぁ~~!
あの時は引っ越し疲れもあって…

今年は何もしてないのに何故~~??分かりませんが、ひどかったです。
買い物から帰ってから「うがい」をしなかった…から?

風邪薬がないので、仕方なく腰痛用の消炎鎮痛剤を飲んでみましたが一向に良くなる気配はなく、薬を止めると熱は上がるし、咳や鼻や体の節々が痛くて…でも薬局まで歩く気力もありません。途中で倒れるかも…それが怖くて…😔😟

どうしてお医者の休みに限って…と思いますが、これは今迄も良くあったこと。
東京にいた時には、お医者が連休と聞くと予め薬をもらっていたほどでしたが、さすがにここにきてまだ一年、お医者ともそれほど懇意でもなく、言い出しにくかったというか、忘れていました。

火曜日に、ネットスーパーから市販の風邪薬を届けてもらい、今日で風邪を引いてから4日目、やっと少し良くなってきました。まだ喉も痛いし、咳も出るけど…

良かったのは~~~冷蔵庫がいっぱいだったこと…😓食欲はなくても食べなければ、、、、
肺炎になるといけないし…ひたすら安静に勤めました。

お墓参り…今年は<(_ _)>パス…<(_ _)>内緒でパス


この団地に来て一年ちょっと、初めての夏を過ごしました。

西南西向きの窓は通風が悪く、前に大きな木立があるので日中も電灯をつけるほど暗い。

しかも1階、虫だらけ。
数日前は、台風の風で網戸を通過したらしい、ハアリの大群が家の中に舞い込んで😩😰😱。。。
あ~~いやだ!!手でつぶしただけで100匹は越えていましたが、残りは掃除機で吸い取って、掃除機にゴキブリの薬を吹き込んで蓋をして…(赤いアリだったけど…必死に手でつぶしました)
ひょっとして…アリの祟りか??

虫嫌いの私が、こんなに虫で苦労するなんて。情けない。😭

ここは、小さな部屋が分かれていて、夏は2台のエアコンをフル稼働…

でも…それでも居室でない隣の部屋の約1/5のセントポーリアがとけてしまいました。。。😪😪😪9月も終わりの今頃になって、溶けるのだ続出。

葉挿ししたものも。ストーク挿ししたものも小さな苗も…悲しいくらいに溶けてしまいました。残るは名札ばかりなり…

この頃セントポーリアの手入れをしながら、
「あ~~~殖やし過ぎたなぁ~~~😖」とぼやいてはみたものの、
これから寒くなったら、またヒーターを入れなければならないし。。。

今後の電気代を考えたら、引っ越したほうがましかも…とふと考えてしまいました。

昨年引っ越す前に住んでいたあの間取り…
あれがいい。でも戻れないし…

朝日が入り、冬も暖かかった(風がなければ)。

また何処かに超すかもね。。。。「引越し貧乏」弟に言われてしまいました。

でも何にしても、あと10年、いや5年でもいい。
セントポーリア中心に生きていかれたら、きっと幸せです。

主人が亡くなって4年。まだ浮草暮らしは続きます。






























2017年9月14日木曜日

花がない

今の時期、毎年な〜んとなくセントポーリア栽培を辞めたくなります。😥

どうして?

花が咲きません。

冷房を入れて、扇風機を回して…

私に出来ることは全てしています。

でも、咲いてもチラホラ…

寒い時期のような爆発的開花は一株もない。

花のないセントポーリアに、セッセと水をやって、肥料も与えて

でもはな🌼は、一向に咲いてきません。
しかも、時々あっという間に溶けてしまったり…

夏の間、室温は最低が26度です。
この気温でも、室内で動いていないと寒く感じます。

この気温が、セントポーリアのご機嫌を損ねる境目なのではないでしょうか?

試しに、電気代を覚悟の上で、隣のセントポーリア部屋の温度設定を、26度から25度に下げてみました。

その部屋に30分もいると寒くなってきます。

その気温で、伸びの止まっていた苗も少し伸び始める。

最高気温の高さではなくて、問題は最低気温なのでしょう。

どうやら、私達が考える以上にセントポーリアは低い温度が好きなようで。

だから、最近はロシアやウクライナでセントポーリア栽培が盛んなのでしょうね。

写真は、ウクライナ発の「LE-Leila」です。

斑入り、スタンダード、ベル咲き、グリーンエッジ
今までには無かったような気がするのですが、残念ながら夏花です。

写真を見て購入するので、実物は異なることも…😥😰

2017年8月25日金曜日

月下美人

去年咲かなかった月下美人、今年は咲いてくれました。🌵
Epiphyllum oxypetalum
2017-8-20

A Queen of the night
という英名もあるとか…
芳香をお届けできないのが誠に残念
夜。暗くなってから開き始め、私が起きる時間にはもう萎んでしまう、一夜限りの花ですが…

スマホの写真…よく撮れますねぇ~~~!!大したものです!!
いいスマホ!!

この月下美人、買ってきた株は良く咲きますが、自分で殖やした株はなかなか咲きません。
数ばかり増えてしまって…
冬を考えたら、もう殖やせない。

同じ日に、100均のミニサボも買ってから2年目で咲きました。
こちらは2~3日間咲きましたが、月下美人と交代で、夜は寝てしまい、昼間だけ開いていました。淡いピンクで、緑掛かった縞がありました。
まぁ、実生でしょうね。

ここは団地の一階なので、前面が叢🌿🌿🌿・・・
多肉以外の植物は、何を置いても虫🐛🐝だらけ…

殺虫剤との格闘にも疲れ果て…
結局、ハイビスカス🌺も、デュランタも、ブルーエルフィンも全て諦めました。

今残っているのは、多肉とゼラニウムのみ…🌵🌵😔

まぁ、狭いし、、、、仕方ないのかもね。

2017年8月23日水曜日

暑い!!

皆様、毎日どうどのようにお過ごしでしょうか??

…そう、去年の今頃、私はどうしていたのかなぁ~~~??
引越し疲れで、ダウンしていたかもしれない…


さすがオプチ!
暑さをものともせず、咲いています。

梅雨が明けてから旧盆休みまで、ここ千葉は天候不順が続き
雨の日が多かったです。

最高気温も30度に満たない日もあったりして、私が熱中症になった
8月9日以外は、夏とも思えない日が多かったようです。

ただ、、、今日は暑いですね。
夜、午後9時近く…戸外はまだ30度近くあります。
表に出ると「ムッ!!」とします。

後、、、、2~3週間はこの暑さが続くかもしれませんね。

地球がおかしいです。

日本は、だんだんセントポーリアが住みにくい国になってきたのでしょうか?

日本でも北海道、海外ではロシアやウクライナ等、そのほか寒い地方でセントポーリアは生き残るかもしれません。

せめて、私が生きている間は、我が家のセントポーリアは無事であって欲しいものです。

2017年8月11日金曜日

何じゃ!この気温差!!

RS-Eden
一昨日(36℃)のあの驚異的な暑さはどこへ行ったのやら?
まるで秋のような涼しさ(24℃)です。

一昨日は、お断りできないゴルフで、遂に熱中症になりました。😡

午前のプレーが、終わる直前 急に力が入らず、クラブが重いのです😧
大量の汗をかき、タオルがびしょ濡れでした。😰

カートなので何とかクラブハウスにたどり着き、洗面所で動けなくなりました。😩😵

同伴プレーヤーは、11歳も歳下の高校の後輩。
弱みを見せられません。

気が遠くなりそうなのを必死に堪えました。😨

洗面所で倒れそうになるのを必死に耐えている私に、声をかけてくれる人は一人もいませんでしたね。
皆んな、自分のことで精一杯だったのかも!

真夏には何度もこのような暑い日に⛳をしています。
それも二日続けて、(カートがないころ、もう10年以上前か??)主人と二人で歩いて・・・

そして、真夏にコーチと一緒にラウンドするのが私たちの毎年の行事でした。

支配人も、「こんな日に⛳をすることないですよ!」😅

後で連絡したコーチにも、「無謀だ!」と叱られてしまいました。

アハハハ。😂
断れるものならお断りしています。

今日のような日なら、完走できた⛳もあの暑さには無理でしたね。
風がなく、湿度も高く、36℃。炎天下ではおそらく40℃くらいはあったでしょうね。
👵には過酷でした。無理です。

体力がない人だなぁ〜!
と思われるのが嫌で、死に損ないました。
まぁ!血圧の薬も飲んでいたし、当然といえば当然かも…😩


もうすぐお盆、涼しいうちに、墓参してきます。
早いもので、もう4年が経ちました。

2017年8月8日火曜日

夏本番!!

台風が日本海を進んでいます。

低気圧が呼び込む熱気で、かなり高温に…暑いです。

セントポーリア ファンの皆様は、何をしておいででしょうか??

葉は、立ち上がり…中心はつまり…花は咲かない…苗も大きくなってくれない…

中には、苗や葉挿しが枯れた(溶けた)という方もいらっしゃるようです。

50年のベテランの私だって、溶けてますよぉ~~~ご心配なく。

ただ相対数が多いので、まだ多くの株が残っているだけです。

そうですねぇ~~~

今うちに残っている古い種は、きっと丈夫なのでしょう。

残念ながら、同じ株で50年維持しているものはさすがにありません。

殆どは入れ替わってしまいましたが…

Parisienne

この暑い中、咲いています。

蕾も次から次へと上がってきます。
先日、何本かストークをとりましたが、まだ咲いています。

ただし…
中心はご覧の通り、小さくなっています。
仕方がないでしょうね。

フラコンケースの中でもなく、普通に置いてあるのですが・・・。

まだこれから植え替えなければならない株が…目の前に…
ふぅ~~~
シンニンギアが多いですね。

引越しの途に植え替えた切り、一年間放置されていた株ばかりです。😓

2017年8月1日火曜日

8月になったのに…

雨が降って、涼しくなりました。

でもエアコンを消せば暑いし、、、、

「SK-Misty Landscape」がキメラっぽく咲きました。
小さな、小さな花です。

もしもキメラでも、ストーク挿しは無理。

次の花も、どうかキメラになりますように…🙏

2017年7月31日月曜日

セントポーリア:最近の流行??

毎日暑い日が続いていますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?

夏は、花が咲かない・植え替えもできない…
セントポーリアの手入れもできないから、時折水をやるだけ…😌

という方も多いでしょうね。

私の栽培環境は、とても小さな部屋なので、冷房もそこそこ効きます。😊

だから植替えが出来ないということもありません。

ただ…ただ…ですね。
冬に比べると、伸びないです。

何が??って、全てが…根も葉も、、、、伸びない・・・

ヤッパリ暑いんです。

セントポーリアの生育適温は、18~25度
それを大幅に超えている、日本の夏(寒冷地を除く)は、セントポーリアにとっては過酷です。

私たちは、暑いからと言って冷房を付け、氷菓を食べたり、海水浴🏊🏄をしたり…
山に行ったり…🍺
若い方々は、結構、夏を楽しめますが、セントポーリアは動けない。
暑いからと言って、冷たい水をかける訳にもいかない…
(実際、氷水をかけてダメにした話も聞いたことがあります)😆

でも、頭の上からのぬるま湯、セントポーリアは好きです。
日陰のベランダなどで、たま~~に、水浴びもいいかもしれません。

私は、キッチンで水浴びを・・・にさせています。

さて…
開花二株…似たような花です。

Ma's Happily Ever After(新花ではありません)
2016年3月に再輸入した株で、7月の引っ越し後に、
一度咲いたものを再び咲かせた株です。
マーズ ハピリ エバー アフター
 性質はやや弱く、一度おへそを曲げるとなかなか咲いてくれませんでした。
縞はきれいに出ていますね!!
ただ、キメラと繊細さがお好きな方には良いかもしれません。

ヤフオクに出しました。

葉っパの縁に切れ込みがあり、Ma's Glass Slipperの姉妹だか兄妹だかシブリングでしょうね。

LE-Nastya

LE-ナスチャ??
6月に、うちに来たばかりの新人さん、、、

早くも咲きました。

ヤチヨにも似ていますが、キメラではありません。
花弁の縁にややフリルがあり、葉っぱは斑入りです。

将来的に、もしかするとキメラになるかも???😊

ただ、寒いところから来たので、秋になると消えているかも…😰

かなり花付きが良い種のようです。

最近の流行は、多色

白・ピンク・ブルー・(あるものではグリーン)、そしてフリルのエッジや斑入り
セントポーリアのすべての可能性を持つ花が増えているように感じます。

セントポーリア愛好家は欲張り…(はい、私もそうです)😓

2017年7月21日金曜日

Zaca's Georgette

花が咲いてないようで…

汗びっしょりのフラコンケースの中、
Zaca's Georgette
が咲いていました。


「ジョーゼット」として、普及っしているようですが
正確には「ザカズ ジョーゼット」

ジョーゼットのスポーツです。

ジョーゼットは、アイリーン フレデットさんの作出の、濃いピンク一色の花。

このザカズ ジョーゼットの反転が、かの有名な「パリジェンヌ」↓
だから、パリジェンヌのストーク挿しからザカズジョーゼットが出ることがあります。

ただ、なかなか安定しません。

どなたかが名付けた「マドモアゼル」とやらになってしまう…

もしかしたら、セントポーリアの魅力は、この不安定さにもあるかあもしれませんね。
季節・環境によってフリルの出方も異なります。

今から、35年ほど前に「ジョーゼット」(濃いピンク)を買いましたが、
咲かせる技術不足で、ダメにしていた私です。

今、お上手の方々のアドバイスを素直に受け入れ、やっとうまく育てられるようになりました。

パリジェンヌはかなり安定しているようですが、ザカズ ジョーゼットは、ストーク挿しでも同じ花を得ることはかなり難しく、まして脇芽では確率はかなり下がります。

入手は、開花株を購入する以外、手はありません。

真夏の用土づくり

暑いですね。

梅雨が明けたのだから仕方がないけど、ヤッパリ暑い。

ブログの題名を変えたいくらい花が咲いていません。

その多くが、暑さによる根痛みで「芯どまり」
まぁ、これは暑さのせいだけではないのですが…

でも植え替えしないと、回復しません。

植え替えて、新しい根が伸びて初めて、回復してくれると思います。

「!!えぇっ!!真夏に植え替え??」
と思われる方もおいででしょうね。

私は一年中植替えをしています。

一年中植替えないと、私のセントポーリア コレクションの維持は難しい。

今日の用土づくりは、午前中、まだ日が入ってこないベランダ(バルコニーというほど優雅ではない)で…

腰を屈めると手すりに閊えて・・・・何とも作業しにくい。腰が痛い!!
でも、ここが与えられた環境。

まぁ~仕方がないなぁ~~~~

何を使ったかというと、主体は

  • ピートモス(酸度調整済み)
  • パーライト
  • バーミキュライト
  • 腐葉土
  • 活性炭
  • 有機石灰
割合は、かなりいい加減😊


長い間の経験から、混ぜたフィーリング!!

今回の用土、
ちゃんと有機石灰を入れました。

後はpHを計って、調整すれば終わりです。😓


2017年7月2日日曜日

クチナシ 再々

やっぱり、同じ木です。

香りが薄い…

一重の株には一重の花。

2017年7月1日土曜日

クチナシ(再)訂正

kosukeさん、ありがとうございます。



知らないということは恐ろしいもので、クチナシは雌雄同花だそうです。

今、雨が降っているので、また雨が止んだらゆっくり観察してみます。




2017年6月30日金曜日

6月の最後に

誕生日が過ぎました。

久しぶりに何もない一日…でしたが…無事に迎えられたことを喜ぶべきでしょうか?

〇〇歳の誕生日、と言ったらある友人が
「歳を言わないほうがいいですよ!!」と…

亡くなった主人も、
「いつまでも若くいるには、歳を忘れることだ」と…

そんな訳にはいかない…
歳を言って得する場合だってあるのだから。

一人誕生会をするつもりが、折から体調不良。
一人の食事会も今年は断念。
この時期には、よく体調を崩すので、またかぁ~~!という気持ちです。

これは、西洋医学では何ともなくて、漢方薬に頼る以外、治しようがありません。
はい、もちろん調剤薬局の先生と相談してから、買いましたが…
おかげで今日は少し調子が良いようです。


一歩団地の部屋から出たところに、クチナシが咲いています。

風が強いので、花はかなり傷んでいましたが…今日初めて知ったこと!!

(当たり前のことが、東京の雑踏の中で育ち、長い間住んだ私には当たり前が当たり前でなかったので笑われるの覚悟です)

クチナシって、雄花と雌花があるのですね!!
鉢で栽培したことはあるのですが、団地の植栽の中のクチナシを見て初めて気が付きました。😓 笑ってください。

雄花が咲いて、それから雌花…
ベゴニアもそうでした…

セントポーリアは雄花も雌花もないから、(🙀🙀←うちのインコが打ちました。。。)
あまり意識していなかったのですが、交配の時に もしかすると、この意識が必要なのかもしれませんね。

過去、一度交配したことがありますが、最近では全く成功せず、実を結んでくれません。

この理論を生かして、先に咲いた雄蕊の花粉をあとから咲いた花に着ければ…

残念でした。。。もう夏。
花はほとんど咲いていません。
葉も立ち上がり始めましたが、光は落とさず、今年はこのままにすることにします。

トリスタンに縞が出ました。🙌
暑くなるので、ストーク挿しが成功するでしょうか??
もう夏花です。😴

2017年6月27日火曜日

かわいそうに…

VaT-Tsar Goroh

先日まで咲いていたのですが、、、

うちのお転婆娘に、かくも惨めな姿に!

今度のインコは、多分私の最後のペット。

終生付き合って行くつもりなので、羽も切りませんでした。

最近スッカリ羽が生え揃い、飛ぶのが楽しい様子。

楽しいのは良いことですが、気が付いたら棚の上の花が齧られて😱😵

大変なことになっていました。

棚の扉を閉めることも考えましたが、暑くなるし、取り敢えず薄いビニールをライトから吊るしました。

今の所、これでOK!

ただ、用土の中に飛び込むし、葉は齧るし、手を焼いています。

2017年6月26日月曜日

Coral Glo Sport

意外に知られていない塩類集積(肥料過多)による障害。

5月18日のCoral Glo Sp.


薬も何もしていません。マイツではないのですよ!!!

肥料過多で、根痛みを起こしただけ。
詳しくいうと、塩類集積による生育障害。

植え替えて、フラコンケースの中に入れ、ほとんど肥料を切って、
今日(6月25日)のCoral Gro Sp.
すっかり、回復しました!😄

中心がおかしくなってから約一ヶ月!

ブラコンケースの中へ入れて、集中治療しただけで、見違えるほど元気に!

肥料が薄いと、葉の色も悪く、花数も減るし大きくなりにくいです。

ちなみに、周囲の葉の色が黄色っぽくて薄いのは肥料不足か、光量過多。。。
でも咲きます。
見た目がきれいでないだけで…😓

セントポーリアってむずかしい!!!

2017年6月21日水曜日

脇芽でも…

この花ではありませんが、キメラの脇芽をヤフオクに出しました。
私は海外から、脇芽を買ったので花を確認してはいませんでしたが…

「キメラになりませんが…???」とご連絡をいただきました。

元株は、今クラウンカットして脇芽を出そうと…思ったのですが、
カットしなきゃよかった…🙅
後悔先に立たず…

キメラにならなかった方…キメラが咲いたら送り直しますね。🙏🙏🙏
以降ヤフオクはキメラに限って、開花確認株又は開花株の出品にすることに…します…
<(_ _)>🙏

これは、ヤチヨの脇芽…と書いてありました。
ヤチヨは欲しいといっている方がいらしたので、海外からの輸入株です。
これももちろん、私の脇芽です。

ずっと安定していたのですが…
残念でした。青一色です。😰😆後ろの新聞紙は見なかったことに…😓
ばい ばぁ~~~~い(;_;)/~~~🙋お別れです。

2017年6月20日火曜日

ロシア/ウクライナの花

大分夏らしくなりましたね。

でもまだ、ここ千葉では海からの風が涼しく、梅雨に入ったとはいっても低い湿度に救われています…

ただ、セントポーリアには、ちょっと乾燥気味かも…お肌と一緒だから。。。

これまでは 去年にかけて、幾つかのロシア/ウクライナの花をアメリカ経由で輸入しました。

でも2度の引っ越しの間に、育つ環境が変わったり、私自身もやる気が失せたり…
どうも、まともに育ってくれないのも幾つかあります。

その中の2つ…

Bellissimo (ベリッシモ ロシア)と書いてあります。
何とも不思議な色合いなのですが、写真でどこまで紹介できるか分かりません。

傷んで黄色くなったようにも見えますが、グリーンなのです。
グリーンの中に、ピンクを感じる…何とも日本語で表現が難しい花…
ロシア/ウクライナの花
Bellissimo

Bellissimo2
調子が悪くて、やっと咲いてきました。
葉っぱの数がものすごく多いので、今取って整理したところです。

バラのような花びらで。
もう少し開いて 大きく咲いてくれたらいいのですが…

ちょっと調子が悪いので(手入れ不足)、写真を撮ってから花芽を摘んでしまいました。

次回はどんな表情で花を見せてくれるでしょうね??

EK-Green Apples(こちらは ウクライナ)
ロシア/ウクライナの花
EK-Green Apples
日本ならばさしずめ「青りんご」とでもいう意味なのでしょうが、文字通りというか…
青い花です。

と言っても青一色なら私は買いません。

白で、グリーンエッジに青が出るようですが、開くと青の度合いがやや多くなります。

しかしこの株の良さは、とても元気が良いこと。
葉っぱは艶があって大きく、まだいくつもの蕾が付いています。

通常、咲き始めは本来の色の花が咲かない場合もあるので、今後の花を楽しみに待つことにしましょう!!

2017年6月1日木曜日

こんなもんなのか?な?

LE-Lada

この花に感激して買ってから8ヶ月経ちました。

大きな苗で送っていただいたので、11月には花が咲き、
既に子苗も花が咲きました。

チューリップのような、中がピンクの花ではなくて、白に緑のスポーツに代わっていましたが…

ベル咲き、グリーンクラブの面々にはきっと喜んでもらえる花だと思います。

育てていれば、そのうち元のピンクに戻るはず…と、淡い期待を抱いています。
このままでもいいけどね!!😊

いい花で、見た瞬間電気の端言った花でしたが、意外や意外、「日本人の人」にはあまり受けなかったようです。

2017年5月27日土曜日

7年目の別れ…

Yukako・・・

大好きな花です。
Saintpaulia Yukako
Yukako
でも、これは7年前の画像で…

7年経つと、こうなります。
紫になったYukako
花ビラには緑の面影もなく、紫1色です。

今迄は何とか、濃くなった葉っぱの中から緑の葉が出て、
この時期だけ、「ユカコ」の花が見られたのですが、引越しを境に受けたダメージが大きすぎたようで…

ついに、断念。
きれいな葉ですが…

お別れしました。💔

Yukakoをお育ての方…
必ずストーク挿しでバックアップを取って置かれるといいですよ…

私は、大株をストークを頂いた方にお返しして、脇芽をヤフオクで売ってしまったので、
😞😔残念ながら、我が家からユカコが消えたらしいです。

でももしかすると、どこかからウトーク挿しの苗が出てくるかもしれない…
と、、、淡い期待を寄せています。😥

ただ、ユカコ スポーツを入手
「シマイ」
「ミサオ」
「ユカコ スポーツ」
まだ3種類持っています。😊😊😊👵



2017年5月22日月曜日

展示会後の花

暑くなってきましたね!!

昨日はまるで夏のようで…ついに扇風機を付けてしまいましたが…
まだ体が暑さに馴染んでなくて、扇風機の風でくしゃみ・鼻水・咳まで出る始末…

歳は取りたくないものですが…仕方がない。

今の時期、結構よく咲いてませんか??
おなじみの「The Alps」
アルプスと書いてあるのは間違い、「ジ アルプス」です。

ちなみに…「ザ アルプス」も間違いですねぇ~~~😄😄😄

この花も、もう終わり…花を取って植え替えないと…またひどい目にあいそう・・
特に暑くなるこれから、植え替えてから半年以上経った株は、できるだけ済ませておきたいです。

「マーズ ポルターガイスト」

何となく、映画から怖いイメージだったのですが…「心理学者」…全然怖くないですね!!

きれいな株で、花はまとまって咲きます。

「Misao」#10767 登録してある名前です。

Yukakoの反転縞ですが、花の形も違います。

ただ、ストーク挿しでも脇芽でも なかなか同じ花が得られず…まだ、市場には出せません。白でグリーンエッジ、紫の中縞です。

Yukako咲き、白花🌼も出ています。

Misaoの形のユカコ スポーツも入手しましたが…まだ咲いていません。

本来のユカコが一番美しい!!🍀🍀🍀
只今、また苗🌱再生中。😥

2017年5月18日木曜日

こんなに咲いていても…😓

Coral Glo SPORT

3月にはこんなによく咲いていたのですが…😊

手入れをしないで放置したら、気の毒に…
あらららら・・・・

昔は、「マイツ」(ホコリダニのこと)と誤解されていましたが…

昨年秋からこの状態の株が増え…色々と考えました。

子の白っぽくなった葉っぱは枯れます。

中からの小さな芽…辛うじて生きているのです。

な~~ぜかな??

要するに、疲れた株を放置したので、生育がストップしたわけ。

こうなったら、新しい根を一刻も早く動き出すようにしないとなりません。

結局この子はこうなりました。😆


植え替えて、根っこを切り詰めて集中治療室へ…
早く元気になってね!!😔

新しい根が動き出すまで、時間がかかりますが、確実に治ります。😇

2017年4月30日日曜日

CarouselとLE-Karusel

ゴールデン ウィーク突入、皆様はどんな休日をお過ごしでしょうか??


キャラセル(カルーセル)とLE-Karusel(カルーセル)

LE-が付くかつかないかの違い。

表記が違うのは、英語表記かウクライナ表記かの違いで、
私にはよく分かりません。

Carousel

キメラで、昔からあります。

親株は、フリルも縞もなくなり、ラベンダー1色。廃棄しました。
今からこれを殖やさないとねぇ~~。

LE-Karusel

ウクライナの花です。
海外で話題のショープランツ。

今年は、これを作ったのに、早く咲きすぎて…展示会に出せませんでした。

目を引く花です。

何より元気な株!!そしてきれいな葉姿!!

残念なのはシングルであることくらいかな??

いつも日にか、どなたか名人がこの花を作って日本の展示会が賑わうことをを願っています。

私は欲がなくて、全然殖やしていません。