2012年7月31日火曜日

夏真っ盛り

dionのサーバーのトラブルで、メールがつかないし、送れません。

失礼があったらごめんなさい。

2012年7月30日月曜日

暑い(ー_ー;)


コドナンテ ルテア(原種。クリーム色が可愛いです)



Episcia Emerald(という名で輸入しましたが・・・葉の色が違います)

ネマタンサス レモンイエロー(蛍光灯でも栽培できます)















このところ本格的な暑さがやってきました。




日中、冷房してある部屋で29℃、夜間も建物自体が温まってしまったので、殆ど

このままです。



どうえてもセントポーリア栽培は無理な我が家。

悲しいけれど、地球温暖化には逆らえません。



でも室内で楽しむGesneriadは一杯あります。



コドナンテ

ネマタンサス

エピスキア



セントポーリアの仲間は沢山あるのです。

後は自分と相性のよいものだけを選んでいくつもりです。

2012年7月27日金曜日

アブラゼミ初鳴き

連日30度以上に日が続いています。

熱帯夜も続いて、夏本番。

今日江東区で[アブラゼミ]の声をはじめて聞きました。

私たちには辛い夏ですが、この小さな命には嬉しい夏なのですね。
Ma's Megaphone。
表で咲き始めました。

戸外は今まで涼しかったし、暑くてもかぜが動くので、きっといいのでしょうね。

2012年7月26日木曜日

猛暑再来

今年の夏は涼しくていいなぁ〜〜〜

と思ったのもつかの間。

またまた暑くなってしまいました。
昨日が34.9度
今日も35度・・・・というけれどうちのベランダは40度近くまでなりました。

室内はエアコンを25度に設定してありますが、ただいま29℃近いです。
もうこれは限界ですね。

昔、とても暑いときでもエアコンなどありませんでしたが、室内気温は30〜31度
でした。
やはり、温暖化はどうすることも出来ませんね。

セントポーリア、、、、、ヤッパリうちでは無理みたいです。

シンニンギアに変えようかなぁ〜〜〜
と思っています。

7月7日にまいた種。
これが全部育ったら・・・・・どうしましょう?????

2012年7月20日金曜日

再び・・・ハイビスカス&シンニンギア発芽

今日は、昨日の猛暑とは打って変わり、来たからの冷たい空気が南下したそうで、
湿度は高いものの涼しい日になりました。

曇り。戸外気温22.7度。
エアコン無しの室内:25.5度。

久しぶりに室内気温が28度を下回っています。
一日や二日の低温では、とても元気を吹き返すことは出来ないとは思いますが、
それでも人間のほうがほっとしています。

昨日の35度を超える猛暑に比べたらなんと楽な日でしょうか!

ハイビスカスが元気です。
今日は、フラミンゴ×イエローバタフライ

逆にしたかったのですが、フラミンゴはおしべが花びら化しており、花粉が出て
いません。
種をむずべばよいのですが・・・黄色いフラミンゴ。
出来たら画期的!

7/7に撒いた、シンニンギアが発芽しました。
13日目ですね。
一応、'Hanakannsashi'×'LeoB'
ですが、自家受粉の可能性も否定できません。

2012年7月19日木曜日

今年は普通の夏なのに・・・

こんな株が続出です。

5月に植え替えた株・・・ヤッパリ植え替えが早すぎたかなァ〜

いずれも鉢が小さく、根が回りすぎているところに暑さが来て、根の伸びが止まっ
たためと思われます。

対処方法は、外葉を取り、盛り土をして涼しくなるのを待ちます。

へたに植え替えれば枯れるだけです。

2012年7月17日火曜日

梅雨明け

今年は、平均的な梅雨でした。

場所によっては集中豪雨で大きな被害も出たようですが、関東地方は特別に大雨
が降ることもなく、梅雨が明けました。

平年より4日早いそうですが昨年を考えたら、本当に楽です。

エアコンが効きます。

セントポーリアは辛そうですが、後1ヵ月半、頑張ってもらうしかありません。

うちの栽培環境の温度ですが・・・
多分、皆様よりも高いと思います。
冷房を24時間つけているのですが・・・

最低気温27℃。
最高気温30℃。

の日が続いています。
花が咲くはずないですね。

戸外で蕾を付けたカーパスだけが元気です。
ついでに大切な1本だけの苗「フウリンブッソウゲ」(Hibiscus schizopetalus)

2012年7月12日木曜日

サボテンの植え替え


3年間右の小さな鉢に入っていました。


このサボテンは名前も分かりませんが、氷点下のベランダで冬を越します。















この時期がいいのかどうか、分かりません。

ただ、花が終わったので植え替えました。

4センチの小さな鉢から、7.5センチの鉢に。

これでなんとなく落ち着きました。

植え替え後は水をやらない・・・

と書いてありましたが、砂が落ち着くように軽く水をやりました。

これでいいのかなぁ〜〜〜?

ハイビスカスの交配No.2

ハイビスカスの種です。

種はサヤに


















一つは枯れていて種が3つ、傷を付けてから水に浸しました

一晩水に浸けておきます。
 Tirene × Flagirl
ハイワイ系同士の交配。

考えれば意味ないけれど、たまたま一緒に咲いていたので・・・
恐らく6月のはじめに受粉させています。

採種は7月12日。

直ぐに種をまこうと思って、ちょっとネットで調べたら、「ハイビスカスの種は
硬い殻に覆われているので、そのままでは発芽しにくい]とのこと。



あらら・・・
ではさっきの2本は単に運が良かっただけか?
で、今回は傷をつけて、さらに水にもつけました。

この傷を付ける作業は結構大変。
爪を磨く鑢で削りましたが、とても白いところは出てきません。

しかも一つは未熟な種で、削ったらぼろぼろになってしまったそうです。
そうです・・・と言うのは私の力では削れないので、主人が削ってくれたもので
す。

結局、3個の種。今回は全て発芽しそうな気がします。(^_^;)
明日撒く予定。

これは2年経った株ですが、まだ花が咲きません。
風が強くて、ベランダの隈に移動しています。
もう一株あるのですが・・・

2010年に交配した株。まだ咲いていません。
今年は咲くかな?
                 

ハイビスカスの交配(続編)

5/10に種まき

6/5に発芽しました、この後もう1本発芽しています。

7.12の¥なえです。


これは1ヶ月前に交配したものが結実しました。(7.12)

おととし交配した株も、かなり大きくなりましたが、まだ咲く気配はありません。
でもきっと秋までには咲くことでしょう。

今日は気が付かなかったところに実った種を発見。

これは6月始めにティレーネにフラガールを交配したものです。
どっちもハワイ系で、薄紫。交配の意味はないと思うのですが・・・(^_^;)

苗は2月交配、4月種まき、6月発芽のちょっと貴重種です。

これが、一昨年種をまいて作った株です。


2012年7月11日水曜日

シンニンギアの交配(1)播種

sinningia 'Leo B'
Sinningia 'Hanakanzashi'(仮名)
交配は2012年6月7日

2012.7/9 一つ目結実
シンニンギアの種は大変に細かい
2012.7.11播種後、密閉します。
土は掛けません。

6/7に交配したシンニンギアに種が出来ました。

Sinningia 'Hanakanzashi'(仮名)×'Leo B'

親木は'はなかんざし'株の性質が大変よいこと
Leo B の大きな花を掛けてみました。

今種を蒔きました。
10日くらいで、発芽すると思います。

今日は7月11日。
20日頃に発芽するはず・・・(^_^;)

ただ、自家受粉している可能性もあり、花が咲くまで全くどうなるか分かりませ
ん。これも楽しみです。

2012年7月7日土曜日

スカイツリー 七夕バージョン

折悪しく雨、時々雲の合間から見えました。

てっぺんまで全部見たかったなぁ〜〜〜

残念。

2012年7月4日水曜日

暑くなりました

昨年のことを考えると、約1ヶ月、時期がずれている気がします。

昨年の今頃は、多分もう暑くて暑くてへとへとだったのではないかと思います。

今年はまだ楽。大体エアコンが効いています。

エアコン・扇風機2台、フル稼働ですが、それでも楽です。

恐らく南側に窓があったら、エアコンも必要ないかもしれません。我が家では風
が全く入らないので、エアコンがないと生活できません。

建物の作りも変なんです。南によったほうから風が来るのに、そちらがせり出し
ています。風はうちの前を素通り・・・・

こんなところにもう30年もいるってことは、昨年と一昨年が如何に異常であっ
たかと言うことでしょうね。

気候変動・天変地異・景気低迷

随分、いろいろなことが起こりました。
でも花を育てられる幸せがまだ残っています。それも間もなくなくなるかもしれ
ません。

物価高騰が近いうちに来そうだから・・・

2012年7月3日火曜日

シンニンギア ヒルスタ

原種のシンニンギアです。

球根は大きくなりますが、花は1センチにも満たない小さなものです。
葉っぱも茎も毛深く(hirusta)柔らかいです。

この花が大好きです。

変な根っこ(ー_ー;)

調子の悪かったユカコ、どうもネグサレを起こしたようなので根をカットしまし
た。

ところが・・・

おかしいはずですね。

こんな根っこが出てきました。

ネマトーダ?

最高級のユカコなのですが・・・ゴミ箱直行便に・・・・(ー_ー;)

皆さんはこのような場合どうされるのでしょうか?
もう捨ててしまいましたが、良い方法があったら是非教えてください。

以前、「植物が枯れない程度の熱湯につける」というのを伺ったことがあります。
それが何度のお湯か?忘れました。

ア〜、捨てるんだったらやってみればよかった。

2012年7月2日月曜日

サボテンの花

もう我が家にきてから4年経ちました。

毎年、良く咲いてくれます。

初めてのサボテン栽培だったのですが、ともかく「冬には水をやらない・乾季と
雨季の間で花が咲く」ことしか知りませんでした。

冬にはこのベランダは氷点下0.5度くらいになる日もあります。

「サボテンは5℃以上で管理しましょう。」と、どの本を見ても書いてあります。

はじめ、3センチくらいしかなかった、このサボテンも今年はもう6センチくら
いになっています。まだ全然植え替えもせず、鉢も3.5センチくらいの小さな
鉢のまま。

先日とげに刺されてひどい目にあったので、植え替えは怖いなぁ〜〜〜(ー_ー;)

でも秋には植え替えないといけないでしょうね。
用土は買ってきてあるのですが、未だに植え替えていません。

9月になって少し涼しくなってから・・・と書いてあるので勇気を奮い起こして秋
に植え替えれば、また来春花が咲くことでしょう。

今年は7つの花芽がつきましたが、咲くのはせいぜい5つかな?

白・緑・そしてちょっとだけピンクの美しい花です。
鉢は、ひっくり返るといけないので、重ね鉢にしてあります。

セントポーリアより、我が家にあっている花です。(^_^;)

ハイビスカスの交配

一年で一番セントポーリアのへのテンションが下がる今の時期。

花好きには耐えられない季節です。

花は咲かない。
咲いても小さいから取る。

11月までセントポーリアとはおさらばです。

こうなるとやる気のなさが、表面にでてしまって・・・水は切らす、植え替えもし
ないで放置する。などなど、セントポーリアはご難です。

ハイビスカスも大きな木を昨年は家の中に入れなかったので、2株がものの見事
に枯れてしまいました。珍しく氷点下の日が数日間もあったので、耐えられなかっ
たのでしょうね。

で、新種作りに燃えてます。

今日は、このイエローバタフライ(原種系)にハワイ系のティレーネをかけてみま
した。
さて・・・種が出来るかな?
2ヵ月後をお楽しみに・・・