2012年6月29日金曜日

綴化現象

「てっか現象」とよみます。
「石化現象」という方もおられるようですが、正しくは「てっかげんしょう」

生長点が異常を起こして、横に広がって行く現象で、セントポーリアにも時々あ
ります。

普通の、葉挿しが出来るものは葉挿しで新しい株を作ると、正しく生長していく
ものが出来るようです。

ストライプだったら・・・
ストーク挿しで、小苗を作る以外ないでしょうね。

葉っぱが斑入りで、しかも托葉が小さくて、斑で黄色かったら、かなり怖い。

2012年6月27日水曜日

Happy Birthday!

と誰も言ってくれないので、自分で歌を歌いました。♪
なんか寂しいですね。

連れ合いがいても完全に忘れられている。いないよりはまし・・・だけど・・・

69歳。

60台最後の誕生日です。

若いつもりでいましたが、いつの間にかかなりの歳になってしまいました。
この先何年、花を楽しむことが出来るやら?

誕生日記念に植え替えをしました。(変かな?)
今年は涼しいので、まだ植え替えが出来ました。

週末辺りから次第に暑くなってくるようです。

ついでにお邪魔なパキラちゃん。

2012年6月22日金曜日

ついてない!?

昨夜、たまたま仕事で出かけた主人の車に同乗して、スカイツリーの「雅」を見に
行きました。

ところが・・・ライティングが消えています。
時間は午後8時半、まだ消える時間ではありません。

折角カメラ持参で来たのに・・・

うちを出た時にはちゃんとついていましたので、故障????

ついてないです。電気も点いてなくて。。。。

車の中からなので、ぶれています。(^_^;)

2012年6月21日木曜日

蒸し暑い

今の室温、蛍光灯を消してあるのですが・・・それも28度もあります。
もうこうなったらセントポーリアは終わりですが・・・

どうしても花芽が取れません。もう少しだけ・・・咲かせたいです。

セントポーリアは
ビンテージの
Granger's Hearts Desire
Calico Queen(夏にきれいに咲く花は珍しいのでは?)

それから、もう家に何十年もいる
ベゴニア ミセスハシモト
ハイビスカス フラ ガール
です。

セントポーリアは咲かなくても、まだまだ花が一杯。(^_^)

2012年6月20日水曜日

夕焼けのスカイツリー

明日は夏至。
残念ながら天気は曇りらしいです。

夕日とスカイツリーは重なってくれませんが、夕焼けのスカイツリーも美しいで
す。

この時期しか見られません。

7時15分に点灯されたのですが、始めは夕日の明るさで見えませんでした。

2012年6月19日火曜日

台風接近

6月にしては珍しく、大きな台風が上陸するようです。

直撃は避けられそうですが、台風が東京の西〜北側を通るために風がかなり強く
なるようです。

ベランダの植物や、通路に違反しておいてあるセントポーリアたちを室内に非難
させました。

朝から汗だくです。

一部は御風呂場へ・・・今日は、ちょっと退けてシャワーですね。(^_^;)

写真は、避難したハイビスカスたちと一部のセントポーリアです。

ちょっと恥ずかしいですね。

2012年6月18日月曜日

冷房開始

暑くなってきました。

戸外温度は28度くらいですが、台風接近の影響でしょうか?
蒸し暑いです

ついに冷房・除湿を開始しました。

セントポーリアの蛍光灯も、暑いので日中は消灯、朝6時〜12時
、午後6時〜11時までの11時間にしました。

ここまで涼しかったので、調子の良かったセントポーリア達ですが、この蒸し暑
さには弱いようで、今朝も一株ネグサレ、ではなくて茎グサレ、昇天しました。
植え替え後の手入れが悪かったようです。

一大決心して花数を元に戻しましょう。(;_;)

もう新しい花も咲かなくなりました。
これから憂鬱の季節になります。

2012年6月16日土曜日

オンタリオの花が多い理由

オプチマラのオンタリオSp.
沢山咲くことで知られています。

かつて、展示会で100輪以上の花をつけた白いオンタリオを見たことが何度も
あります。

しかし私はこの花が苦手で、どうも大きく出来ません。

今、夏を控えて、肥料を薄くし、葉の数も減らしていますが・・・
ご覧の通り、一枚の葉の付け根から2本のストークが出ています。

30センチにも満たない、小さな株ですがきっと根の状態がよいのでしょう。
鉢は7.5センチです。

このまま、例年通りのふつ〜〜〜の夏ならば、何とか見られる株が出来るかもし
れませんね。

自分でもちょっと楽しみにしています。

2012年6月12日火曜日

魅力的な花2点

今年の梅雨は、前半梅雨冷え、久しぶりに聞く呼び名ですね。
もしかしたら知らない方もお出でかもしれません。

梅雨の全般は、まだ北から冷たい空気が下りてきて、真夏の太平洋高気圧をし下
げるために、意外に冷える日があります。
こんな日を「梅雨冷」と言うそうですが、本当にここ数年聞かなかったですね。

若い頃に梅雨冷の日に・・・と言うことでサマーセーターを編んだことがあります。
今は昔・・・ですね。

セントポーリアを長いこと栽培していると、いろいろな気候を経験します。
昨年の長い夏、一昨年の暑い夏は、今までに経験したことのない厳しいものでし
た。

もう25年以上前ですが、秋にも展示会がありました。
そのときに、私は平気で45cmクラスの花を展示していたのです。
花も多分100輪近く咲いていたものと思われます。

残念ながら、デジカメのない頃で、写真はカメラマンさんが撮ってくれたものし
か残っていません。

うちのカメラマンは、その頃多忙で殆ど写真がありません。
残念です。

お花は、有名な「YUKAKO」と
2010年Lyndon Lyonの新種の「Silk 'n' Lace]

Yukakoはストーク挿しやクラウンカットで殖やしても、なかなか同じ花が出ませ
ん。この中緑の花は貴重品です。

Silk 'n' Laceはパッチタイプの花ですが、冬にはとても珍しい模様で咲きます。
残念ながら今はもう、暑いのでパッチの白い部分が少なく、中心の星だけが目を
引きます。

2012年6月11日月曜日

楽な梅雨

昨年は5月の終わり頃から連日30度を超える猛暑でした。
今年は、まだ最高気温が28度くらいで、夜間は10度台に下がってくれます。
夜は涼しくて助かりますね。

エアコンは家にいて点けたのはただの一日。しかも日中だけ。

6月11日だというのに、本当に助かります。

この時期はもうセントポーリアの花はあまりないのですが、植え替えたものがボ
ツボツ咲き始めています。。

2012年6月7日木曜日

シンニンギアの交配

セントポーリアの交配はうまくいかないのですが、もう10年以上前に交配して作っ
たものが結構、あっちこっちに出回っているようです。

ただし一代交配種なので、「ワンピース」という名前は取ってくださいね。
ただのシンニンギア交配種です。

その種から生まれた一株と、なかなか種をつけないけれど、大きな花を咲かせる
'Leo B'(紫)を交配してみました。

相互間交配なので、どちらか一方でも種が出来れば面白いと思いますが・・・

既に受粉していないことを期待しています。
紫がSinnninngia 'Leo B'
赤いほうは、自分で交配したものの中から生まれたもので名前はありません。

2012年6月6日水曜日

サーバー異常

皆様、こんにちは

お楽しみいただいております、「セントポーリアサイト」が今ちょっと異常を起
こしています。

今、サーバー側に問い合わせ中ですが、「アクセス禁止」となっていて、私も手
を付けることが出来ません。(;_;)

管理者がアクセス禁止なんて????

当分、ここ↓をご利用くださいね。
http://paulia87.bbs.fc2.com/

ハイビスカスの種の2つ目が発芽してきました。