2012年3月15日木曜日

何という一日!(ー_ー;)

3月14日、ホワイトデー・・・
チョコレートをあげた人には完全に忘れられている。
その1.  サーバーの整理をしていたら、何を勘違いしたのかネット展示会を削除
してしまいました。(ー_ー;)多くの方々にご迷惑をかけてしまいました。ごめんな
さい。
その2.
 夕刻6時過ぎに地震、北海道東北地方に津波注意報。結果は20センチ程度
の津波が八戸を襲ったくらいで、大した被害なし。でも久しぶりに津波注意報が
出て緊張しました。

その3. 夜9時5分ごろ、地震警報がけたたましくなって揺れ始めました。折悪し
く直ぐに出られないところにいたのと、主人は出かけていて留守。

急いで、地震恐怖症のインコのところに行ったら、案の定大パニック。籠から出
そうにも、何かが引っかかって出せない。本人(本鳥)は、恐怖で私の指に猛烈
な勢いで噛み付いて離さない。
右手は噛み付かれたまま、一人と1羽で悲鳴を上げながら、かけてある布を取り
除き、上のボタンインコの籠をどけて、状況を見たら羽根の付け根まで、籠アミ
の間に突っ込んでしまって抜けない。
「イタイ、イタイ『助けて!早く何とかして!!!』」と両者で言い合って、どう
やらやっと籠から羽根を引っ張り出しました。

インコはカタカタと震え、先の大地震を思い出したようです。

羽根が心配でしたが、羽は何枚か抜けたものの、どうやら骨折もせずに済みまし
た。
私の指からは血が噴出し、手当てしようにも、片手で震えているインコを抱いて
いるのでどうすることも出来ず、約小一時間、そのままにしていました。
何とか、主人にメールしたのですが、折り返しかかってきた電話の向こうで笑っ
ています。
『笑い事か!!!』と怒ってみたものの、北区では、ここほど揺れなかったようで、
けろっとしていました。
テレビでは「けが人はいないモヨウです」といっていたけど、ここに一人います
よ〜〜〜〜悪いことばかり、次から次に起こった昨日でした。

昨日は大安吉日でした・・・。(ー_ー;)

2012年3月12日月曜日

追悼の明かり:3月11日

一年前の今頃、大地震と大津波のニュースを車の中で聞きながら、大渋滞の国道
6号線を東京に向かっていました。

体中が震えていたことを思い出します。

必死にハンドルを握る主人のそばで、勤めて明るく、でも必死にただただ無事に
家に帰ることだけを考えていました。

でも・・・・どれほど多くの人々が、愛する家族の元に帰ることも出来ないまま亡く
なったり、また帰ろうにも家が津波で流されてしまって、帰ることもかなわない
でいたことでしょう。

ラジオのニュースからは、信じられないような事実が流れていました。
実際、家に帰ってテレビで見るまでは、3時間後にやっと通じた電話で、甥に話
を聞きながらも信じられないでいました。

茨城県の取手市から家に帰り着くまで、何時もならば1時間ほどの距離をなんと
14時間半掛かって帰り着きました。
途中で休んだには、空腹に耐えられずに寄ったイタリアンレストラン(営業して
いてくれて有難うございました)と、ガソリンスタンドだけ。
当事77歳の主人はよく頑張ってくれました。

家で留守をしていてくれた甥は、電車が止まって帰ることも叶わず、老インコ達
の面倒を見ていてくれました。

日ごろ、小さな地震でもパニックになるオカメインコは、案の定大パニックで、
相続く余震におびえて、見えにくかった、左目は完全に失明してしまいました。

でも命がありました。
一年経った今も、飛べないけれど元気です。

私たちも、震災以来仕事がなくて貧しいままですが、それでも元気です。

地震や津波で亡くなられた方々に、衷心から哀悼の気持ちをささげます。

私は若くはありませんが、この日を過ごして決心しました。
残された日を、誰かのためになるように、有意義に送りたい。

そう思って、いまもセントポーリアのネット展示会を開いています。
参加者が少なくて残念ですが、頑張ります。

私の気持ちが多くの方に伝わって欲しいと願っています。(2012年3月11日)