2011年5月26日木曜日

天気が悪い・・・

東京地方は、例年より早く梅雨に入りそうな気配がします。
どんよりした空からは、今にも雨が降ってきそう・・・

セントポーリアは咲いているものもありますが、殆どが終わりです。
花を休めて、夏を迎える準備をしなくてはなりません。

そしてもしもまた来年も展示会をするならば、そろそろ株選びの準備をしなくてはなりません。

札幌のような展示会は、今後も東京では不可能でしょう。
  • 気候的なもの
  • メンバーの少なさ
  • 後援してくれる企業がないこと
  • 地理的要因
等など理由は数知れません。

でも、私たちに出来ることを楽しみながらやっていくつもりです。

気温が高くなると、花芽も上がりにくくなります。葉の色も濃い緑からきれいな緑色に変わります。
生育速度の違いなのですが、葉色の変化はあまり嬉しくないですね。

只今の室温26度。まだましです。最低気温は23度、この変化のなさがあまりよくないのですね。

ま、セントポーリアを栽培できるだけでも幸せと思わなくては・・・

東京のセントポーリアの会:がんばれ~

2011年5月24日火曜日

東京ドームへ

何年ぶりかで、東京ドームに巨人戦を見に行きました。

気持ちはあっても、高い入場料と、「見に行っても負けたら!」という気持ちで、
なかなか足を運ぶことが出来ませんでした。
昨日はたまたま友人から入場券を頂き、喜び勇んで出かけました。

13歳のときから、読売巨人軍のファンである私、ファン暦ももう50年以上になり
ますね。
このところのふがいない負け方の典型の試合を見せられましたが、以前よりも何
倍か優れた音響効果に、ただただびっくりして試合そのものよりも、ドームに魅
せられて帰ってきました。

テレビでは伝わらない、太鼓やトランペットの音、歓声、やっぱりナマの試合は
良いです。
また行きたいな!
と思いつつも「負ける試合は見たくない」という夫が一緒なので、当分ドームに
は行かれませんね。

銀座のパレードには必ず行くのですが・・・

今年もまた無理そうです。(ー_ー;)

2011年5月10日火曜日

札幌の展示会

日本一という、札幌のセントポーリアコンテストをyuusukeさんがアプロフェッ
サー様ー度してくださいました。

私は場所を提供しただけですが、できるだけたくさんの方々に診ていただきたい
と思っています。
皆様のコメントも寄せられます。

私なんか、ただただ驚いて口をポカ〜っと開いて見させていただいただけです。

東京を越えた、札幌のセントポーリアコンテスト、こちらでゆっくりご覧くださ
いね。
http://1010paulia.net/sapporo2011/view8.cgi

いいなぁ〜!

2011年5月6日金曜日

何と言う花?

世の中、大型連休ということで、震災騒ぎも一段落したし行楽地に向かう方も多
いようです。

首都圏は余震も収まり、時折震度1くらいの気が付くか付かない程度の小さな地
震があるだけになりました。
心配なのは、福島原発。
相変わらず、海への高濃度の放射能の流出が止まらないようです。
魚好きには、困ったことです。

スーパーの魚売り場は関西方面や、日本海産のお魚が・・・
茨城、千葉のお魚は店頭から消えました。

オカメインコのクリちゃんも地震が少なくなったので、やっと少し落ち着いてき
て、久しぶりに翼を広げて飛びました。
でも、目は見えないらしく、墜落しましたが・・・飛ぶ意欲が出てきてくれたこと
は何より嬉しいです。

セントポーリア
1月にロブズさんが送ってくれた花です。
「Lillian Jarret」とあったので飛びつきましたが・・・
来たときから、どうも葉っぱが違う。
緑色の、柔らかなリリアン ジャレット斑の葉なのですが、どうも違う。。。。
更に脇芽も出ずに花芽がついたので、ますます怪しいと思ったら、全然違います。
ご存知の方はいらっしゃらないでしょうか?

教えてくださったら、葉っぱ一枚でよかったら差し上げます。